​広告

(推定136億年前)銀河創成

​巨大生命群(第一世代種)が現銀河系および

原初の巨人群(第二世代種)を創造。

(推定123億年前)前期惑星開拓期

巨大生命群が銀河系を離れる

原初の巨人群が銀河系の管理者になる。

(推定121億年前)中期惑星開拓期

原初の巨人群が次世代の生命群(第三世代種)を創造

次世代生命群に星の開拓を命令する。

(推定109億年前)後期惑星開拓期

原初の巨人群が銀河覇権を巡って戦争を開始

次世代生命群が先兵となる。

(推定98億年前)末期惑星開拓期

次世代生命群が戦争を拒否

原初の巨人群が和平交渉を開始するも決裂

和平派の巨人群が継戦派の巨人群を別次元に幽閉。

以降、次世代生命群が銀河の管理者になる。

(推定68憶年)星間独立期前期

次世代生命群が惑星固有の種族を開発

惑星内生命群(第四世代種)誕生。

(推定48億年前)星間独立期中期

惑星内で惑星内生命群が紛争を開始

多数の惑星内文明が崩壊

急速に文明後退した惑星内生命群が

星間移動する術を失う。

(推定31億年前)星間独立期後期

次世代生命群が惑星内生命群の霊魂に

階級を定める。

これにより惑星内生命群の種族間に圧倒的な

魔法力の差が発生

魔法力の明確な差により紛争が沈静化

以降、惑星内生命群は魔法力の高い上位種族が

魔法力の低い下位種族を管理、支配する。

(推定10億年前)星間独立期末期

紛争後、クーデターを恐れた上位種族が

機械工学、魔法工学など科学技術の研究を禁止

文明後退が止まらず、ほとんどの惑星から

生物および文明が消滅

生物レベルでの惑星間移動ができなかった

惑星内生命群は完全に惑星間交流をやめる

わずかに文明が残った惑星が孤立した世界史を形成。

(推定7億年前)新世紀前期

次世代生命群が惑星管理を放棄

巨大生命群の足跡を追いかけ銀河系から離脱

個体レベルで星間移動が出来なかった

惑星内生命群が惑星内に取り残される。

(約6800年前)新世紀中期

上位種族の支配体制に変化なし

(148年前)新世紀後期

​マイアー・アムシェル・ロートシルト

失われた機械及び魔法工学の復元に成功

コミュッシェルを創設。

(74年前)新世紀末期

機械及び魔法工学の発展により上位種族と下位種族の

戦力差が縮まる

下位種族が一斉蜂起、汎種族大戦勃発

下位種族側の勝利におわる

終戦後

国家間外交の調整機関【汎種族連盟】を創設。

現在​

プロローグ1話をお読みください。

​勢力図